占い界の姉妹?四柱推命と生年月日占いが当たる理由

無料生年月日占いランキング!恋愛、相性、性格もバッチリ!

1番当たるオススメ生年月日占い

占い

占い界の姉妹?四柱推命と生年月日占いが当たる理由

占いの世界で有名なのは四柱推命で、生年月日や名前から、あらゆる観点で占うものです。
的中率が高いのは、観点が多いぶん、さまざまなことがギュッと凝縮されている結果がでるからです。

生年月日占いも、四柱推命と似ている部分があるからこそ、的中率が高いといえます。
共通点は「算命学」と「陰陽五行」の考え方を取り入れているところです。

昔から伝わる「占い」の基本をしっかりと守っているので、結果にブレが生じないことが人気の理由だと思います。

ですから、この2種類の占いは「姉妹」のようなもの。
生年月日占いが「妹」だとしとら、名前や出生地なども分かって占える四柱推命が「姉」の役割を果たしていると思います。

生年月日占いの基本は算命学で、応用した学術を用いているのが四柱推命。
人によっては、この姉妹の占い方法をまとめて「統計学」と呼んでいます。

生年月日占いも、四柱推命も、どちらも的中率が高い理由は「統計学」によってだされた結果だからという説があります。

他にも、星座占いや、血液型占いも「同じ人がたくさんいる」ということから、その根拠について論議が交わされています。
同じ条件の人はたくさんいるけれど、それを「統計」して考えているとしたら、占いには「数学的根拠」があるのではないでしょうか。

日本にはあっても外国にはない占いは多いです。
中国とは共通している部分がありますが、姓名判断や血液型占いは、海外でメジャーな占いだとはいえません。

むしろ知らない人のほうが多いかもしれません。
これほど多くの種類の占いを好む人種は、日本人だけといって良いほどです。

それなら、日本で当たると定評のある占いは、約1億人の人口から割りだされた「統計学」と考えても良いと思います。

無意識に「自分1人だけに当てはまる結果」が欲しいと思ってしまうもの。
でも、1億分の1の確率で、占い結果がぴったりと当てられるとは考えられませんよね?

いくつかの条件に当てはまる「その人」を、あらかじめざっくりと分類した中で、結果を求めていくのが占いの基本だと考えて良いと思います。

占うときに、その人に関しての情報が多いほど、当たる確率が高くなっていくのは、分類した中で、さらに限定されていくからです。
限定されればされるほど、統計学の精密度も高くなります。

その結果、占いは当たるという考えが浸透しているのでしょう。

生年月日占いと四柱推命がよく当たるといわれるのは、最初から「生年月日」という分類しやすい大きな情報があって、統計しやすいのが理由だと思います。
占いの世界の姉妹はこれからも、統計学を理解してくれる人には「総合的に当たる」と言ってもらえると思います。

QLOOKアクセス解析