基本は伝統的学術?生年月日占いの根拠

無料生年月日占いランキング!恋愛、相性、性格もバッチリ!

1番当たるオススメ生年月日占い

占い

基本は伝統的学術?生年月日占いの根拠

生まれた日によって、人の運勢が大きく変わるといいます。

占いの基本として、その人の生年月日からスタートするのは、もはや当たり前のこと。
生年月日さえ分かれば、70%程度のことが占いの結果に反映されるといいます。

ですから、占いをするときは生年月日を知っておくことが絶対不可欠。
というか、知らないという人は少ないと思いますが・・・。

ところで、生年月日占いの種類というのは本当に多いですね。
雑誌やテレビでもよく取り上げられていますし、ネットで検索しても、莫大な量の占いサイトがでてきます。

それだけ生年月日というのは、占いをするにあたって、人の運命を左右するような大切なものなのですね。

大切な理由は分かりましたが、的中率が高い生年月日占いの根拠は、一体どこにあるのでしょうか?

生年月日占いは、古代中国から伝来されたといわれています。

それは「算命学」と呼ばれる、数字を計算して運命を割りだす方法なのです。
算命学は、年と月と日の干支を出して、人の運命を占う運命学です。

簡単にいえば「その日、その瞬間」に生まれた人だけに当てはまる運命を、計算して当てる占い方法です。
計算に使うのは、生年月日の数字。

この数字を基にして、算命学の方法を使って占うのが「生年月日占い」といえます。
なので、中国から伝わった「算命学」ということで、根拠はきちんとあることが証明されています。

さらに、生年月日占いには、四柱推命や姓名判断でも使われる「陰陽五行」の観点も含まれています。

陰陽五行とは、これも中国から伝わった思念なのですが、自然界に存在するすべてのものが5つの要素に分けることができるというものです。

「木、火、土、水、金」という5要素が、人が生まれてからの運命を司るという考え方ですね。

これらの要素は、一定しているわけではなく、常に揺らぎを伴っています。
人が生まれる瞬間も揺らいでいて「その日、その瞬間」に、この5要素がどのようになっていたかで、その人の運命が分かるのだそうです。

生年月日占いでは、算命学で計算をすることと、陰陽五行がどのように絡んでいたかを調べる占い方法だといえます。

改めて考えると、意外と難しい理屈があったのだなと思いますね。
これは東洋学から考えた視点で、西洋学からも、また違ったことをベースにしてあるようです。

的中率が高いのは、根底に「学術的観念」があるからだと思います。

QLOOKアクセス解析