陰陽五行は基本?生年月日占いでみる相性

無料生年月日占いランキング!恋愛、相性、性格もバッチリ!

1番当たるオススメ生年月日占い

占い

陰陽五行は基本?生年月日占いでみる相性

中国から伝わったとされる「陰陽五行」説。
この考え方も、占いの礎として用いられていることが多いです。

おもに四柱推命によくみられます。
この説は算命学とは違って、占いの読み方というほうが適切だとおもいます。

数字で表すのではなく、自然界から見たその人の運気を読み取るということです。
陰陽五行は、自然界に生きるすべてのことを「木、火、土、金、水」の5つに区別できるという考え方です。

「木を燃やせば火を生じ、火が燃えた後は土が残り、土を掘れば金が出て、金属表面には水がたまり、水が木を成長させる」のが基本的な考え方です。

難しく聞こえますが、要するに「人は自然に生かされていて、5種類の生命から生じて、いずれかに消えてしまう」という意味でしょう。

生年月日占いでも、この説を使った占いが多いですよ。
自分が自然界から見て、どのような人間であるかということが分かります。

「陰陽」とは、人には必ず「陰」と「陽」の部分があり、そのどちらが欠けても、大きくても小さくても、バランスの悪い運勢になります。

「五行」とは、さきほどの5種類に区別されたものを指し、どの気質が強いかで、持って生まれた気質を知ることができるというものです。

陰陽五行のバランスは、対人関係や恋愛関係にも深い繋がりがあり、運勢や相性も調べることができます。

陰陽をくっ付けることもできますが、結果が長くなるし、少し分かりにくいので相性という観点から説明します。

生年月日占いでは、五行から相性が分かります。

5種類の最後に「星人」という呼び名をつけて、人を表しています。
自分が何星人に当てはまるのかは、生年月日で分かります。

相性のいい人は何星人かというのは、基本的にこのようになります。

 「木星人は、火星人と水星人」

 「火星人は、木星人と土星人」

 「土星人は、火星人と金星人」

 「金星人は、土星人と水星人」

 「水星人は、金星人と木星人」

五角形になった図があるのですが、これらの組み合わせは、両隣になっています。
逆に遠い星人ほど、縁が薄くて相性があまり良くないといえます。

何星人かで、本来の自分の気質を知ることができますし、気になる相手の生年月日から、図を参考にすれば自分との相性が分かります。
東洋学の占いであり、自然界から自分を読み取るという陰陽五行は有名ですので、生年月日占いをする時にもぜひ覚えておいてください。

QLOOKアクセス解析